インターネットバンキングはセキュリティーに細心の注意が必要です

銀行ごとに異なるセキュリティー対策

クレジットカード決済と同様に普及が進んでいるインターネットバンキングは、セキュリティー設定を誤ると預金が外部に勝手に振り込まれてしまう危険性があります。取引用パスワードが記載されたコード表の情報を入力させる偽物サイトが銀行ホームページそっくりに作られていることも珍しくありません。銀行ごとにインターネットバンキングに対するセキュリティー設定が異なるので、利用する際には高度なセキュリティーを導入している銀行のインターネットバンキングに限って利用すると良いでしょう。

ワンタイムパスワード導入が主流に

インターネットバンキングを行っている銀行で進められているセキュリティー対策として、ワンタイムパスワード認証があります。トークンと呼ばれる一定時間ごとにランダムな数字の羅列が表示される装置をユーザーに配布して、取引の都度トークンに表示されたパスワードを入力することで本人以外が取引出来ない仕組みです。ワンタイムパスワードをスマートフォンにメール送信する方法で都度配布する方法を採用している銀行もあり、本人確認の強化が図られています。

長らく利用していないとパスワードが無効になることも

インターネットバンキングでは、直接銀行のATMで操作しなくても銀行振込が出来てしまうことから、長らく利用されていない場合には再度認証手続きを取らないと利用停止となってしまうこともあります。利便性と安全性のバランスを保つことは難しいですが、犯罪を防止する方法として採用されています。パスワード再設定を行うためには、住所変更が完了していることが重要で、転居後に住所変更を行っていない場合にはインターネットバンキングの利用停止措置が取られることも有り得ます。

決済代行業者を選ぶ際は、トータルコストを重視すべき必要があります。たとえイニシャルコストが低くても、維持費が割高だとトータルでは大きな負担となり得ます。