疑問解消!自己破産したときの弁護士費用はいくら?

自己破産したいけれど弁護士費用が一番の気がかり

自己破産に興味を持っている人がもっとも気がかりなのが、弁護士費用についてです。消費者金融への毎月の返済によって、貯金を使い果たしてしまって、これ以上弁護士に支払うお金なんて残っていないという人も多いはず。しかし、自己破産するときに必要な費用は、多くの人が思っているよりも少ないというのが実情です。地域によって異なりますが、弁護士に支払う費用はトータルで40万円から60万円とされています。その費用は、どのような内訳なのかを見ていきましょう。

必ず支払わなくてはならない費用

自己破産をする場合、まずは弁護士に自分の借金の金額や生活の状況を詳しく説明して、はたして自己破産したほうが良いのか、それとも別の解決方法をとったほうがよいのかを相談することが必要です。弁護士へ相談するときには、30分5千円程度の費用が発生します。弁護士との面談により、自己破産をすることが決まったら、着手金を支払わなくてはなりません。着手金の相場は約20万円前後だとされています。ちなみに、着手金は自己破産が成立しない場合でも支払う必要があり、返還されないことを覚えておきましょう。

自己破産が成立したら支払う費用

裁判所によって自己破産が認められ、債務免除が決まったら、成功報酬を弁護士に支払います。成功報酬の相場も、だいたい20万円前後とされています。着手金と違って、こちらの方はもし裁判所で自己破産が認められなかった場合には、支払う義務はありません。また、消費者金融に対して過払い金がある場合には、同時に過払い金返還請求も行われるため、取り戻した過払い金から弁護士費用が差し引かれることになります。過払い金の金額が弁護士費用よりも多い場合には、全くお金を支払うことなく弁護士を利用できることも考えられます。

自己破産は決して悪いことではなく、私達日本国民に与えられた正当な権利です。もはや自力返済が不可能な債務から解放されることで、誰でも人生をやり直すことができます。