家庭教師のバイト!どんなところに注意する?

学力に自信があること

家庭教師のバイトにおいて一番避けなければならないのは、教えている相手からの質問に答えられないというシチュエーションです。もし相手から何らかの質問を受けた時、よく分からないという返答は最悪です。これでは家庭教師の意味がないですし、印象も悪くなります。なので、自分が教える分野は完璧であるという確信の元、バイトをしなければいけません。万が一その場で分からなかった場合は、後日回答するなどの努力は必須です。

信頼関係を構築したい

家庭教師というバイトの核となるのは、相手の疑問を解消しつつ知識を増やす手助けをすることです。ただ、人と人のコミュニケーションであることに変わらないので、勉強だけ教えれば良いというスタンスでは信頼関係を構築できません。ぶっきらぼうで冷たい態度をとるのは家庭教師として論外です。勉強に支障が出ない程度に雑談をしたり、笑顔で会話をするなどすれば自然と仲良くなります。相手の両親にもしっかりと挨拶して、良い印象を残しておくことも大切です。

責任の重い仕事という認識

家庭教師として勉強を教えるのは、志望校に合格させる為です。もし志望校に合格できなかったら、受験した本人だけでなく家庭教師にも責任は及びます。的を射た指導をしていたか、何か問題は無かったか考え直す必要があります。もちろん志望校に合格できなくても人生の全てが終わるという訳ではありませんが、少なからず人生設計というものが変わってきます。単に勉強を教えるだけでなく、相手の人生もかかっているという認識が大切です。

家庭教師のバイトをしたいと考えている人は、定期的に出されている求人のチェックを行っておくとスムーズにバイトを選ぶことが出来るでしょう。