少しでもリスク要因を減らすために!信用取引にかかる費用を軽減する方法

信用取引とは独特の構造を持った株取引

株式市場に携わったことが無いような人でも、信用取引という言葉は聞き及んだことがあるかもしれません。それだけ世に知られている株の取引手法だと言えますが、単にリスクが高いということだけが先行していて、実際にどのような取引か知らないという人が大半でしょう。証券会社から株や資金を借りて運用を行うのが信用取引ですが、特に費用面においてコストを軽減する方法を知っておかなければ、株価が動かなくても損失を抱えることになりかねません。

わずか数%の金利でも神経質になろう!

信用取引は資金や株を借りるので、銘柄の保有日数に応じて金利がかかります。利率は証券会社などでまちまちですが、おおよそ数%しかかからない所がほとんどです。しかし、「たった数%なら気にしなくて良いや」と考えて、信用取引の建玉を保有した状態で放置してしまうと、複利によって金利だけでちょっとした利益を吹き飛ばすリスク要因になってしまいます。金利による出費を抑えたいのであれば、信用取引の建玉保有日数を絞るしかありません。昨今はデイトレードであれば金利がかからないという証券会社もあるので、自分の投資スタンスに合わせて活用してみましょう。

銘柄を保有しているなら、逆日歩で儲けることも可能

直接的に信用取引にかかる費用を軽減する措置ではありませんが、信用取引の独特な仕組みである「逆日歩」で利殖する方法があります。逆日歩とは、手持ちの株では信用売りの注文数を満たせなかった証券会社が、その銘柄を保有している機関や個人に貸株料を払って借り受ける行為のことです。つまり、信用売りされる人気銘柄を保有していた場合、この逆日歩によって入る貸株料で儲けることができるのです。逆に信用売りの人気銘柄を発注する場合は逆日歩を支払うことになるので、その点もしっかりと覚えておかなければなりません。

信用取引の費用の中でも特に注意したいのが金利です。証券会社によって約1%もの開きがありますから、数ヶ月以上保有するトレードスタイルの人は少しでも金利が安い会社を選びましょう。